イチ、キュッパ+税は、使えない?

どうも、税理士の太田啓之です。

令和3年4月1日の今日から、

店頭などで値札やチラシ、メニューなどに商品の価格表示は

消費税を含む総額での表示が必要となりました。

つまり、総額表示の義務化です。

総額表示義務がいきなり始まったわけではなく

もともと総額表示は平成16年から義務化されていました。

ただ、消費税率の改定に伴う値札の張り替えなどの事務負担軽減のために

表示する価格が税抜であることがわかれば、

税込価格をしなくてもいいという特例が設けられていました。

その特例期間が、平成25年10月1日から令和3年3月31日までだったので、

その特例期間が終わった今日から

税込価格で表示しなければならないこととなったのです。

総額表示の具体的な例

具体的にどうすれば、総額表示になるのか。

国税庁のホームページによれば

以下のものが「総額表示」に該当します。

本体価格が10,000円で消費税率が10%の1,000円の場合の例

11,000円

11,000円(税込)

11,000円(税抜価格10,000円)

11,000円(うち消費税額等1,000円)

11,000円(税抜価格10,000円、消費税額等1,000円)

もう単純に11,000円と表示しているだけであれば、

それはもう税込価格を示しているので、わざわざ税込とか消費税額を表示する必要はありません。

ちなみに、総額表示に該当しない例は

11,000円(税抜)

11,000円(本体価格)

11,000円+税

以上のことから、

イチ、キュッパ「1,980+税」みたいに

あたかも千円台の商品であるかのようなアピールはできなくなったというわけです。

総額表示をしなければならない場合

ちなみに総額表示が義務づけられているのは、

不特定かつ多数の者、

つまり消費者に対する値札や店頭表示、チラシあるいは商品カタログに

おいてあらかじめ価格を表示する場合です。

媒体は問いません。

チラシ広告、新聞、テレビによる広告も総額表示の対象となります。

ちなみに、そもそも価格表示がされていない場合は価格表示を強制するものではないとのことです。

また、事業者と事業者の取引、BtoBの取引は対象外となります。

ひとこと感想

上記の例は、10,000円だからすぐに税込価格が連想しやすいが、

これが780円とか920円とかだったら税込価格がすぐに出てこないばかりか、

税込価格なのか税抜価格かすらわからない。

飲食店のメニューで大きな文字で930円と表示されており、

税込価格かと思っていざレジに行くと

1,023円と言われて「あれ?」という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

個人的にはラーメン屋で何回か引っかかった。

あとでメニューを確認してみると、下の縁の方に小さな文字で

「表示はすべて税抜価格となっております」と書かれている始末。

人件費や材料費などの高騰の中で

なんとか購買意欲を下げないようにするための

企業努力であることはわからなくはないが、

いち消費者の立場から、

もうすこしなんとかならないのだろうかと思ったこともありました。

しかし、総額表示の義務化で、

レジで「値段が違くない? ああ消費税か」というようなことは

少なくなるだろう。たぶん。

次回予告のようなもの

次回は、

一般の消費者を相手にご商売をされている事業者の方が

この総額表示の義務化を前にどのような対策をしたらいいのかを書いてみます。