平成31年はどこへ消えた

決算書をつくりながらふと思った。

決算申告書や総勘定元帳の表紙などに記載する

事業年度の書き方はどうすべきだろうかと。

今は2月決算を作成しているのだが、

この事業年度の表示は

自 平成30年3月1日 至 平成31年2月28日

となる。

次の3月決算も4月決算も

自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日

自 平成30年5月1日 至 平成31年4月30日

というように平成で始まり平成で終わる。

問題は5月決算だろう。

自 平成30年6月1日 至 令和元年5月31日

となるのだろう。

平成で始まり令和で終わるみたいな。

別にいいけど、

なんかしっくりこないような、

わかりにくいような。

平成31年はどこへ行ったんだという気にはなる。

そうならばいっそのこと西暦でまとめてしまえば

自 2018年6月1日 至 2019年5月31日

スッキリはする。

しかし、中身の法人税の別表はすべて和暦で書くことになるだろうから

表紙だけ西暦表記するとちぐはぐになってしまう。

よって、和暦で記載することになるだろうな。

前の記事

ひとこと多い辞書

次の記事

社長に喜ばれる会議