令和は018

ついに新元号の発表がありました。

4月1日は

仕事をしている最中にふと時計を見て

11時25分であることに気づき、

パソコンのモニターの前でワクワクしながら待機しておりました。

今回は、

令和に関しておもしろい話をきいたので、紹介します。

新元号「令和」に数字に充てると018「レイワ」と読めます。

今年の西暦2019年であり、

ここから018「レイワ」を差し引けば2001となる。

下3桁だけ見ると001

つまり令和1年とも読める。

そして来年は西暦2020年だから、

ここから018「レイワ」を差し引けば2002となり、

下3桁だけ見ると002

令和2年と読める。

つまり西暦の下3桁と和歴には差が18あるということである。

和歴に018「レイワ」を加算すると西暦となり、

(令和12年の場合、12+018=030年→2030年)

逆に西暦から018「レイワ」を減算すれば和歴となる(下3桁に限る)。

(西暦2035年の場合、2035-018=2017→令和17年)

「今年は2027年だけど令和何年だっけ?」というとき

018「レイワ」をマイナスすれば

すぐに答えが出るので

わかりやすい元号ですねという豆知識でした。

「令和」を最初見たときは

命令の「令」がついているので

なかなか尖っているなとも思ったし、

昭和の「和」が付いているので

代わり映えしないなとも思ったのですが、

5日経った今では、

これはこれでありだなと受け入れております。

次の記事

ひとこと多い辞書