社員を表彰するなら人前で

12月師走です。

なにかと慌ただしい時期です。

そして、なんといっても今月は忘年会シーズンです。

特に社長ともなると得意先や同業者、様々な経営者の会などのつきあいで、
あちこちの忘年会に顔を出すこともあるでしょう。

また、自社でも忘年会も行っているところも多いかと思われます。

せっかく会社が主催して会を開くのですから、ただ社員との懇親会だけで終わるのは、
実にもったいない。

全社員が一同に集まるのですから、
その場を利用して社員を表彰されてはいかがでしょうか。

勤続何十年の表彰や、今年のMVP、資格取得、結婚、出産のお祝い……何でもかまいません。

ただ単に銀行振込でお祝い金を出しても、それはそれで喜ばれもしますが、
全社員の前で社長から表彰されて、なおかつお祝い金を贈られたら、
その社員にとっても印象深い思い出になります。


しかしこの表彰の狙いは、表彰される社員ではなく、それを見ている社員です。

たとえば、勤続10年の社員が表彰されて金一封をもらっている姿を見せられれば、

「10年勤務すれば、俺も表彰されてお金が貰えるのか」と思い、あと数年がんばろうとやる気を持ってくれるかも知れません。

活躍した社員が表彰され賞金を受け取り、他の社員から拍手喝采を浴びているのを見れば、
来年は自分があの場に立つぞと意欲を持って仕事に取り組んでくれるかも知れません。


社長は「うちの会社でがんばってくれたら、ちゃんと評価をしますよ」ということを社員にアピールできる絶好の機会です。

ただ年1回の忘年会で表彰しても年が明けてしまえば、社員はすぐに忘れてしまいます。

そのためになにをどうしたら表彰されて賞金がでるのかを社員に教え続ける必要があります。

そこで役に立つのが、経営計画書です。

経営計画書に評価の基準を書いて、定期的に読ませるようにすれば、
忘年会で社長が社員を表彰したシーンを社員の頭に呼び戻すことができます。

表彰の基準を明確にしておけば、あの社員は表彰されているのに、自分はまったく表彰されないという不満を押さえることもできます。

ここの経営計画書に書かれている基準を満たしていないから、表彰はできないのですよと示すこともできます。

これが明文化の力です。