東京に行って道場に通いました

未来会計コンサルタントの太田啓之です。

先日の3連休なにをしていたかというと、

東京まで行っておりました。

 

しかも、1泊2日です。

ただ旅行とか、観光ではなくて、

セミナーです。

 

 

「月次決算道場」という会計事務所の方々が集まって

もうひたすら、朝から晩までセミナー会場にこもって

延々と月次決算書の勉強をするという

ストイックなイベントに参加してきました。

 

↑これが「月次決算道場」の会場の様子です。

 

会場は冷房ガンガンで寒いところでしたが、

それ以上に全国から集まった会計人約120人の熱気は、

まさに圧巻でした。

 

普段ではあまり話すことができない他県の会計事務所の方と

意見を交わすことはなかなかに刺激にもなり、勉強にもなりました。

試算表の見方、読み方とか、自分ではなかなかやらない会計処理の発見があり、明日から使えるのではないかと。

その後の懇親会という名の飲み会もなかなかに楽しいものがありました。

 

それはともかくとして、

ここで学んだことを活かして、

明日からお客様に対して「月次決算書」の説明を

さらにグレードアップしていこうと考えている次第です。

 

→「月次決算書」とはなにか知りたい方は、こちらへ

 


ちなみに、名古屋と東京のどちらが耐えられない暑さであるかという話題が

たまにでることがあることもありますが、

先日の3連休における自分の体験では、どちらも大差がないような感じがしました。

ただ、どちらも非常に暑かったのは間違いないです。