1日が27時間になったら凄いな

とにかく時間がすぐになくなってしまうと感じる今日この頃。

税理士試験を受けていた時期は、試験勉強と仕事の二足のわらじをやっていたので、

そのあたりのテクニックはあると思っていたのだが、

それはあくまで試験勉強の時間を確保するための技であって、

現在は試験勉強がなくなった代わりに仕事の時間が増えたり、

研修やセミナーに出かけなくてはならなくなったりで、時間が足りないと思うことがしばしば。

試験勉強をしていたときとは別の時間確保の技を身につけねばならないと思ったところに、

今回こんな本を入手しました。

あなたの1日は27時間になる。~「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法(木村聡子 著)

 

この本の作者は、税理士事務所を経営している、つまり同業者である。

同じ税理士が書いた時間管理法であるならば、

参考になるところは多いのではないかと読んでみました。

 

ちなみに、タイトルの「27時間になる」というのは、

生活習慣の見直しや仕事の効率化などをうまく駆使して、

自由となる3時間を確保することによって、

あなたの1日が27時間になってようになりますよという意味であると思う。

 

1.まずは前業

前業というのは、残業の反対の意で、

夜遅くまで仕事をするのであれば、逆に朝早く起きて早い時間に会社に出てきて

仕事するということである。

 

たしかに、朝早くに仕事した方が夜に仕事しているよりは効率はいいだろう。

たとえば17時以降に仕事の電話がかかっていることはあっても、

朝早くたとえば6時ぐらいにかかってくることはまずない。

それだけでも集中して仕事ができるというものだ。

その効率の良さを活用して一気に仕事を終わらせてしまうというのだ。

 

朝早く起きるメリットは、さまざまな雑誌や書籍などで書かれるだけあって、

計り知れないことは誰もが知っている。

ただ、なかなかできないのである。

 

睡眠欲というものは、人間の三大欲求のうち最強のものであり、

それにあらがうことは非常に困難であるため、多くの人が挫折してしまうのである。

この本でも、早く起きるためのさまざまなテクニックなどが書かれている。

ただ、テクニックを駆使する前に、

早起きするための良い方法が、それは……。

 

2.早起きするためのたったふたつの冴えたやり方

自分の話で恐縮ですが、

私は資格試験のために勉強時間を確保するために、早起きをしていたのですが、

確実な早起きを実施する上で行っていたことは、

たった2つのことです。

それは、

 

・早く寝ること

 

・明確な目標をもつこと

 

もう本当に身もフタもないことなんだけど、これしかない。

早く寝れば自然と早く起きることができる。

ただ、それでも欲望に負けて寝てしまうことがあるので、

起きてからやること明確な目標が必要となってくる。

夜の11時ぐらいに寝れば、だいたい朝の5時~6時頃に起きる。

で、目が覚めたとき「資格をとるぞ」という目標で布団から抜け出すのである。

 

どこかに旅行することを考えてみればわかるのですが、

朝早く出発しなければならないとなれば、前の晩は早く寝て、

旅行という目標があるので、すぐ起きることができるのではないだろうか。

やっていることは、それと同じことです。

 

3.「1日1捨」で物を減らそう

本書によれば、平均的な仕事人は探しものをするためだけに、

1年間で約150時間を費やしているとのこと。

いや、いくらなんでもそんなには費やしていないだろう。

しかし、仕事をしていないときも合わせるとそれぐらいになるかもしれない。

つまり、探すことをやめれば、時間を確保することができるということだ。

そこで、1日1捨である。

 

 何か新しい物を入れるのであれば、何か1個捨てるか、使い切ってからにする、あるいは新しい物が「欲しい」と思ったら、今ある物で代用できないか考えることを心がけるようにするのです。

 

いくら整理整頓したとしても、物が多かったら必然と探す時間がかかってしまう。

ということで、物を減らさなければならないということだ。

 

もう本当に、本屋とかいっても「捨てる」本がたくさんある。

なにかというと物を持ちすぎてしまう人が多いのだろう。

そこで、1日1回なにかを捨てていこうということなのだろう。

 

4.マニュアル・チェックリストをつくる

仕事のスピードを上げるには、「マニュアル」を作ることから! と書かれていた。

マニュアルを作った方がいいというのは、常々思ってはいるもののなかなか手が出せないものである。

マニュアル作りというのは、「重要であり、緊急でないもの」であるからだ。

ついつい「重要であり、緊急であるもの」から処理しがちである。

それはそれで、間違いではないのだけど、それではいつまでたっても効率の良い仕事ができない。

マニュアルといっても大手企業並みに分厚いものを作る必要はないのだ。

ペラ1枚でも、付箋1枚でも立派なマニュアルである。

 

マニュアルで仕事すると、杓子定規のような仕事しかできない機械的な社員を想像されるかもしれないのだが、そうではないのだ。

 

 マニュアルは、特殊でクリエイティブな仕事に注力・専念するために、そうでない部分を省力化するためのツールでもあります。

 

特殊でクリエイティブな仕事……。

いい響きだ。

税理士事務所というのは、決まり切った仕事が実に多くある。

役所に提出する書類を作っているので自然とそうなるのだが、やはりクリエイティブな仕事をやっていかないといけないよな。

どのような仕事においても、定期的に発生し、かつ必ず行わなくてはならない雑務というものがある。

しかし、雑務だけにとらわれていて、独自の仕事をないがしろにしてはならない。

雑務は重要ではあるものの他者と差別化ができないのである。

企業が生き残っていくには、どれだけ競合企業と差別化が図れるかにかかっているのである。

 

 

5.感想

本書は、仕事を効率化するための方法がこれでもかと書かれている。

今すぐ、すべてを実行するのは難しいし、人によっては合わないところもあるが、

何か1つだけでも実践できれば、仕事のスピードアップが図れると思う。

仕事中心の内容が多いが、「1日1捨」なんかはプライベートでも活用できるだろう。