プレミアム商品券の抽選結果について

先日、ブログに書いた

( 過去の記事「当選するかしないか、名古屋で買おまい★プレミアム商品券」)

「名古屋で買おまい★プレミアム商品券」の抽選結果がやって来た。

ブログにおいて散々当たる可能性は低いと書いたものの、

せっかくだから試しに応募しておいたのである。

1.当選結果はいかに

そして、お知らせのはがきが家に届いた。

その内容が、これだ。

このたびは名古屋で買おまい★プレミアム商品券に

ご応募いただき誠にありがとうございました。

厳正な抽選の結果、

誠に残念ながら落選となりました。

恐縮ではございますが、

ここにおしらせいたします。

 

 

……と、まあ、ハズレというわけで。

まったく期待していなかったのでいいのだけど、

このイベントに4,460万円もの税金をつぎ込まれている(人件費、諸経費を勘定に入れると

もっとかかっていると予想されるが)と思うと、

なんかモヤモヤしないわけでもない。

 

プレミアム商品券で、税金をばらまくぐらいだったら、減税をしてほしいと思うのは私だけだろうか。

 

2.当選していた場合のデメリット

ただ、当選しなかった場合、プレミアム商品券で買おうと思っていたものが、

自分にとって本当に必要なものであるかと、

再び考える余地ができるというメリットが発生する。

 

なんといってもプレミアム商品券の利用可能期限は平成29年1月31日までなので、

もし当選した場合、この日までに何が何でも買い物をしなければならないのである。

もしかしたら購入予定の物がなにかしらの事情で必要がなくなったり、

急に現金が必要になったりすることがあるかもしれない。

このような状況に陥った場合、

プレミアム商品券はただ金券に過ぎず、貯めておくこともできなければ、

利用可能期限を過ぎればただの紙くずと化してしまう。

 

……ただの負け惜しみです。

 

こうなったら腹いせに、ふるさと納税を限界ギリギリまでやってやろうかな。