税理士の漫画が配信されている件

税理士会から郵送される「税理士界」という会報をさらさらっと読んでいると、

税理士の仕事を知ってもらうためにwebコミックを作成したという記事に目がとまった。

日本税理士連合会(日税連)HPで配信されているというので、せっかくだからサイトをのぞいてみた。

 税理士の業務や活動を漫画で分かりやすく解説した「白石桜 がんばってます!」を作成しました。
主人公の新人税理士・白石桜(しらいし・さくら)が実際の業務を通じて税理士の仕事のやりがいを実感しながら成長していくストーリーです。

と、サイト内で紹介されていた。

……新人税理士 白石桜がんばってます。

うーん、無難と言えば無難なタイトルだけど、なんか恥ずかしいタイトルだな。

 

全6話という構成になっており、現在は第1話のみがダウンロードが可能となっている。

毎月1回配信されるようである。

税理士の漫画というものは珍しいし興味もあるので、さっそくpdfをダウンロードした。

10ページほどのものなのですぐに読み終えた。

 

感想

……絵がきれいだな。

 

いやいや、漫画において絵がきれいかどうかは、

読者がその漫画を手に取るか取らないか判断する上で

重要な部分を占めているといっても過言ではない。

少なくとも自分はそっち派である。

 

正直、第1話ということで、内容はほんのさわりなのでなんとも言えない。

しかし、見知らぬおじいさんにいきなり「私、税理士なんです」と話しかけているのは、

少々無理があるのではないか。

これではただの変な人だ。

おじいさんが警戒するのも無理もない。

まぁ、税理士業務の案内がメインなので、ストーリー展開の強引さは仕方がない面があるのかもしれない。

ただ、「ゴーイング桜」などと、中途半端にエンターテイメント的なもの入れられるのも

なんだか気恥ずかしい気がするのは私だけだろうか。

 

しかし、せっかく漫画をつくって配信しているのならば、

トップページのフラッシュバーナーに乗っけて大々的に漫画の紹介をすればいいのに。

下の方に小さくバーナーなんか置いても誰も気づかないだろう。

やる気があるのかないのか。

とりあえず、試験的に実施して様子見をしているだけなのかもしれない。

 

文句ばっかり書いてしまったけど、

業界にいる人間として、とりあえず最後の配信まで読むことは読むつもりです。

 

【関連サイト】

日本税理士連合会/Webコミック「白石桜 がんばってます!」

税理士となるには