ふるさと納税を使うならこんなふうに

11月になりました。

そろそろふるさと納税を考える季節です。

去年は、米と酒、みりんをふるさと納税の返礼品としてもらいました。
完全に生活重視のラインナップです。

ふるさと納税は今年1年の所得を予想しながら行わないと逆に損してしまうので、自然と手続きが年末になってしまいます。

そのため去年は慎重に慎重を重ねて12月の給料が出た後の月末になって慌てて行ったため、

締め切られているものや品切れになっているものがあったりして、なかなか欲しいものを手にすることができませんでした。

よって今年は今月から動き出そうと思ったわけです。

ところで、ふるさと納税でこんな話を聞きました。

病院を経営している医者がふるさと納税をして、返礼品としてお米をもらいました。

ここまでは一般的な話ですが、その医者はそのお米をそっくりそのまま自分が経営している病院で出す入院食か何かに使ったそうです。

その医者は高収入で納税額も多いため、多額のふるさと納税をすることが可能であったため、返礼品をお米一本に集中していたところ、当然のことながら大量のお米を手にすることができ、病院で購入するお米代が浮いてさらに利益を稼いだということです。

病院で提供する食品にふるさと納税でもらったお米で出してよいものなのかどうか法律上どうなっているかわかりませんが、経営的には参考にはなります。


会計上では、この医者は変動費(VQ)を減らして粗利益(MQ)を大きくしたということです。

企業経営は、いかに固定費(F)以上に粗利益(MQ)を稼いで、利益(G)を確保するかにかかっています。

粗利益(MQ)を多くする方法は、なにも売上高(PQ)を上げることばかりではなく、変動費(VQ)を減らすことでも増やすことは可能であるとこの話は教えてくれているのです。

別にふるさと納税の返礼品を事業に使いましょうという話ではなく(使う場合は、一時所得や法人だと受贈益の問題があるので注意は必要です)、まだふるさと納税をされたことがない方はチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

意外とふるさと納税をしたことがないという社長の方が多いのでアナウンスしてみました。